DejirinHomy☆

宮城県立こども病院・・・佃 LOVES 東北

宮城県立こども病院の保育士さんより
メールがきました。

**********以下内容*******Tさんより*******

本日、(4/6)
H様をはじめ5名の皆様の手から物資をお預かりいたしました。
段ボールをあけながら
皆様や今回のことに参加してくれた
こども達の熱い思いが伝わってきて涙がこぼれてきました。
整理をしている最中も、
外来に来て、スタッフに「家も全て流されてしまった」と話す女の子がいましたので
早速、文具類をお渡しいたしました。

明日、他のスタッフと皆様からお預かりした品々を、
どのように、どなたにお渡しするか話し合います。
また、メールをさせていただきます。

感謝を込めまして、本日のご報告をいたしました。

Tより

***********************

宮城県立こども病院の保育士さんの苦しい現状を私に伝えてくださり
今回の支援活動の機会を与えてくれた
現場のTさんの友人・・・東京の某巨大病院で働くAさん(保育士さん)からも
昨夜メールがきました

************以下内容*****Aさんより********

一昨日、玩具到着したとTさんが私にも連絡をくださいました。
玩具の量や種類の豊富さに喜び、
リリアンする時にはハサミも必要というように
その遊びをするために必要なものも同じ箱に入っていたとのこと。
佃 LOVES 東北様のブログの中の
「缶詰めには缶切りと割り箸もいれます。」と書いてあった旨を話し、
一箱一箱細部にまで気持ちを向けて詰めて下さった上で運んできて下さるのだね。
とあらためて二人で感謝の気持ちでいっぱいになりました。
さらに、受け取った玩具をはじめとする品物の活用を
宮城子ども病院に入院中の子ども達だけに限定されていなかったことが嬉しいと言っていました。

活用方法を宮城子ども病院のスタッフ判断でどうぞ・・・・と委ねて頂だけたことで、
より多くの子ども達(外来受診に来た子どもやそのきょうだいetc)へと活用の幅が広がったと話してくれました。
本当にありがとうございました。
お礼が遅くなってしまいました。

Aより

********************************

佃 LOVES 東北様
迅速・きめ細やで丁寧な対応には
何処までも純粋で無私の精神を感じました。
善意・・・真の誠意・善意。

真似からでいい
真似でもいい

人の役に少しでも立てる今日・・・明日を生きたい
[PR]
by okaacan | 2011-04-09 21:59 |
こども達へ >>



大理石骨病
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31